こんな業者に要注意

特殊清掃や残された故人の遺品整理というのは、遺族が行のは簡単ではありません。

また業者に任せることも、もちろん可能ではありますが、業者に任せるのはどうしても気が引けるものです。

遺族が自分たちで整理しようとすると、意外と分別も簡単ではなく、もちろん手間も時間もかかってしまうことが予想されます。

そこで最近は、特殊清掃を行っている業者に遺品をお願いする方が、とても増えているのです。

特殊清掃士 という資格を持っている方がやってくれます。

この方法だと、遺族は安心して任せられるでしょう。

ですが特殊清掃業者に任せる、お願いすると言っても、もちろん注意しなければならないこともあります。

それは、きちんと法令を守って、依頼者が不安になったり、後でトラブルになったりしないように、きちんと業務を行っている業者であるのかどうかということです。

最近は特に、個人の関係が希薄になっており、業者に依頼する方が増えています。

となると業者も中には悪質な業者もいるなど、安心して任せられる状況ではなくなってきている可能性も大いにあるのです。

例えば中には、リサイクル料金を取っているのに、さらに上乗せしようとする業者もあると聞きます。

さらに遺族が知らないだろうと、法外な料金を請求する業者もあると聞きます。

また特殊清掃というのは、廃棄物業者としての許可証がいる場合が多いのに、そういった許可証を持っていない業者もあると聞きます。

さらに処理に関しても、法を守らず処理し、後でトラブルになる例もあると言われます。

こういった業者にひかからないよう、依頼者側も注意が必要なのです。